Photoshop:カラー画像の黒成分の透明変換

この記事は、カラー画像の黒成分を透明処理ついてPhotoshopを使った方法を説明をします。

また記事の最後では、Photoshopアクションファイルの配布もしています。

※ 本記事では、Adobe Cloud Photoshop 2020 を用いて解説した再編集版です。旧記事 Photoshop CS6での解説はこちら にあります。

黒成分を透明化って?

透明化処理前透明処理後は、こちらのとおりです。

透明化 前:

透明化 後:

透明化後の写真は、写真から黒い部分が取り去られ、その部分が透明化しました。

すこしわかりにくいので、この画像下にカラーレイヤーを敷いてみます。


左から、何も敷かない(Photoshop画面上の表示)白を敷く黒を敷く、になっています。

黒を敷いた箇所をみると、元の画像と同じであることがわかり、黒い部分がキレイに取り去られたことが確認できます。

それでは、この変換処理の手順を解説していきます。

Phothoshopでの変換手順

これから説明する手順を簡単にまとめますと、このようになります。

  1. 画像から、チャンネル(レッド)をとりだす。
  2. 取り出した画像を、その画像で透明マスクを適応する。
  3. チャンネル色(レッド)で着色する。
  4. レイヤーを、描画モード スクリーンで重ねる。
  5. 1〜4の手順を、チャンネル(グリーン)、チャンネル(ブルー)でも同様に行う。
  6. 完成

それでは、実際にやってみます。

準備

変換したい画像を開きます。

画像を開いた状態では、レイヤーがロックされ編集ができないので、レイヤーをダブルクリックし新規レイヤーに変換しておきます

1. 画像から、チャンネル(レッド)をとりだす。

チャンネルパネルを選択し表示し、「レッド」チャンネルをクリックします。

すべてを選択コピーを行い、レッドチャンネルの画像をクリップボードにコピーしておきます。

選択範囲 → すべてを選択

編集 → コピー

次に、「RGB」チャンネルをクリックし、チャンネル表示をもとの状態に戻します。

必ず、RGBチャンネル表示に戻してください。

レイヤーパネルを選択し、貼り付けを行います。

編集 → 貼り付け

このような状態になります。

2. 取り出した画像を、その画像で透明マスクを適応する。

レイヤーパネル下にある、レイヤーマスクを追加 ボタンをクリックします。

すると、レイヤーに白い枠(レイヤーマスクサムネイル)が表示されるので、それを alt(optionキー) を押しながらクリックし、貼り付けを行います。

このような状態になります。

3. チャンネル色(レッド)で着色する

レイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルパネルを開きます。

カラーオーバーレイを選択し、描画モードの横にある色選択で 赤(#FF0000)を設定します。

 

4. 描画モード スクリーンで重ねる。

レイヤーをグループ化します。

レイヤー → レイヤーをグループ化

レイヤーの描画モード設定スクリーンに設定します。

この描画モード設定はグループに適応します。

チャンネル(グリーン、ブルー)を同じ手順で実行

ここまで、チャンネル(レッド)についての作業手順を説明しました。

残りのチャンネル(グリーン、ブルー)でもこれらの操作手順を行います。

3. チャンネル色で着色する、の部分では、それぞれをグリーン(#00FF00)ブルー (#0000FF)で着色します。

チャンネルをとりだす、の作業のまえに、レイヤ表示が元画像レイヤーのみになっていることを確認してください。
もし追加したレイヤーが表示状態になっていたりすると、正しい結果となりませんので注意が必要です。

すべてのチャンネルの手順を終えると、このような状態になります。

※ グループレイヤーにチャンネル色名をつけ、元画像レイヤーを非表示にしています。

完成

レイヤーを結合し元画像レイヤーを削除しました。

完成です。

最下位レイヤーに黒いレイヤーを敷くと、元の画像と同じになることが確認できます。

アクションファイル

これまでの手順を1アクションで実行できる、Photoshopのアクションファイルを用意しました。(Photoshop2020で作成しています。)

Photoshop用アクションファイル

※こちらのアクションファイルはを無断で再配布を禁止いたします。

インストール方法

アクションファイルをダウンロードし、ダブルクリックするとPhotoshopのアクションパネルに追加されます。

使い方

  1. 加工したい画像を開き、レイヤーをダブルクリックし新規レイヤーに変換しておきます。
  2. レイヤー名を Original という名前に変更します。
  3. アクションパネルを開き、追加されたアクションの再生を実行します。

まとめ

この記事では、Photoshopでカラー画像の黒成分の透明変換する方法についての解説をしました。

白成分を透明変換したい場合は、素材を予め階調の反転しておき、変換後もう一度、階調の反転を行うことで実現できます。

イメージ → 色調補正 → 階調の反転

 

モノクロ(白黒)画像の黒色・白色の透明化については、こちらで説明しています。

関連記事

この記事では、白黒(モノクロ)画像の白い領域を透明化する手順についてまとめます。例えばこのような透過していない画像、白い部分を透過させたい!ってことがよくあります。Photoshop上では下レイヤの素材によっ[…]

Photoshopレタッチ [伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

Photoshopレタッチ [伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

大谷キミト
2,613円(09/29 11:26時点)
発売日: 2020/03/17
Amazonの情報を掲載しています
デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [2020年最新版]

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [2020年最新版]

I&D 宮川千春 木俣カイ
2,178円(09/29 11:28時点)
発売日: 2020/01/22
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!