iMac+MacBook ターゲットディスプレイモードが作動しない時の解決方法

旧世代のiMacに搭載されている機能であるターゲットディスプレイモード。とても便利で私はいまだに使っています。しかし度々、接続ができない認識しているようだが、画面が黒いままで表示されないといった現象が発生し困っていました。この問題を解消するための手順がありましたでのメモまでに書きたいと思います。あくまでも私の環境のケースですが書いておきたいと思います。

本記事は、ターゲットディスプレイモード接続において、たまに接続ができないことがあり困っている、といった方に参考になる記事となっています。

ターゲットディスプレイモードって?

ターゲットディスプレイモードとは、Macdisplayportまたは、thunderbolt2iMacに接続することで、iMacを外部ディスプレイとして使うことができるiMacの機能です。

対応するiMacは、旧世代のもの限られており、世代によって、displayport、またはthunderbolt2での接続に別れます。

この機能についての詳しい説明は、こちらのAppleのサイトのページあります。

私の構成環境

私の環境は、Macbook Pro 13inch (2018) モデルに、iMac 27 inch (2013) を接続しているという構成です。
MacbookApple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ を接続し、Thunderbolt 2ケーブルで iMac に接続している状態です。

iMac側で、Command+F2キーを押しターゲットディスプレイモードを起動しようとするものの、度々接続が正しくできず困っていました。

解決する手順

Macbook のディスプレイがスリープ状態のときに、ターゲットディスプレイモード接続を行いその後スリープを解除することで接続の問題が大幅に改善できました。

詳しい手順はこちら

  1. Macbookディスプレイスリープさせる
  2. iMacのキーボードでCommand+F2キーを押します
  3. Macbook のをアクティブにする(スリープから抜けるよう、キーを叩くやマウスをクリックするなどする)

ディスプレイのスリープを簡単に行う方法

ディスプレイをスリープするには、ホットコーナー機能を使うことで簡単に行えるようになります。

macOSには、マウスカーソルを画面の四隅に移動させるとアクションを起こすことができるホットコーナーという機能があります。それを使うことで、簡単にディスプレイのスリープを行うことができるようになります。

設定手順は以下のとおりです。

1. システム環境設定を開きます

2. ディスプレイとスクリーンセーバー設定を開きます

ディスプレイとスクリーンセーバーの設定を開きます。

3. ホットコーナーを開きます

画面をスクリーンセーバーのタブに切り替え、下にあるホットコーナーをクリックします。

4. 好みのコーナーに設定を割り当てる

画面のコーナーへの機能割り当てという画面が表示されます。

お好みのコーナーのプルダウンから、ディスプレイをスリープさせるを選択。

私は、左下に割り当てて使っています。

以上となります。

これで、設定したコーナーにマウスのカーソルを持っていくと、ディスプレイがスリープするようになります。

まとめ

この方法にたどり着くまでは、10回も20回も繰り返し Command+F2 を行って接続をしていましたが、この一旦スリープにする方法で接続がほぼ問題なく使えるようになりました。

もうあまりこのような環境の方も少なくなっているかもしれませんが、すこしでも参考になればと思います。

>INSTAHACK インスタハック Twitter

INSTAHACK インスタハック Twitter

INSTA HACK(インスタハック)は、テック系、Web制作系を中心とした記事を掲載するブログです。Twitterで最新の記事をおしらせしています。

CTR IMG