amazon fire タブレット 画面スリープしない設定

この記事では、amazon fire タブレットの画面をスリープさせないよう設定する方法について紹介します。

画面スリープ設定

amazon fire タブレットの画面のスリープ設定は、”設定””ディスプレイ”の項目の中に、”画面スリープ”の設定があります。

しかし、設定は以下の7種類の時間設定のみになっており、“スリープしない”という設定がありません

  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 2分
  • 5分
  • 10分
  • 30分

このよう標準の設定では、スリープをしないよう設定することができませんが、隠された機能である開発者オプションを有効にすることで、スリープしない設定にすることができます。

開発者オプションを有効化

開発者オプションを有効にして、スリープをしないよう設定してます。

設定を開く

まず、設定画面をひらきます。

画面を上から下にスワイプし、表示されたパネルの歯車アイコンをタップします。

端末オプションを開く

次に、端末オプションをタップし開きます。

シリアル番号をタップしまくる

端末オプション画面の一番下にある、シリアル番号の項目をタップしまくります

画面は変わりませんが、とにかく連続でタップをします。

しばらくすると、開発者オプションという項目が表示されます。

開発者オプションを開く

開発者オプションを開きます。

スリープモードにしないを有効にする

表示された開発者オプションの中に、スリープモードにしないという項目があります。

こちらを有効にします。

手順は以上です。

まとめ

この記事では、amazon fire タブレットを画面スリープしないように設定する方法についてまとめました。

充電ケーブルはつないでおく必要がありますが、これでスリープしないよう設定することができました。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB

5,980円(10/21 10:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
Fire HD 10 タブレット ブルー (10インチHDディスプレイ) 64GB

Fire HD 10 タブレット ブルー (10インチHDディスプレイ) 64GB

19,980円(10/21 09:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!