撮った写真をすぐさまウィジェットに。ウィジェットカメラ(iOS)を作りました。

ちょっとしたメモをiPhoneのカメラを使って撮る、そんなときに便利なアプリ Widget Camera をリリースしました。

ウィジェットカメラというアプリをリリースしました。

ちょっとしたメモをiPhoneのカメラを使って撮ることってありますが、そんな使い方を便利にしてくれるアプリです。

ウィジェットカメラ – 撮った写真をすぐさまウィジェットに。
https://itunes.apple.com/jp/app/widget-camera-enjoy-your-photos/id1149237829?l=ja

主な特徴

  • 撮影した写真はアプリ内にのみ1枚保持されるだけ(再撮影時は上書きされる)
  • 撮影した写真はウィジェットですぐさま確認できる
  • カメラはウィジェットから直接起動できる

撮影した写真はアプリ内にのみ保持されるので、メモした写真が写真アプリにゴミのように溜まってしまうことを防ぎます。そしてウィジェットは、iPhoneがロック状態でもアクセスができるので、撮影と写真の確認がとてもスムーズに行なえます。

自分は、よく駅まで自転車で行き有料駐輪場に自転車を預けることがあるのですが、自転車を止める場所と料金を払う場所が離れているため駐輪位置の番号をカメラで撮影してメモしていました。

そんなメモ撮影をいつもiPhoneの標準のカメラでしていたのですが、そのメモ写真が写真アプリにゴミのように溜まっていってしまうことと、写真を確認するのにiPhoneのロックを解除して写真アプリを開く作業がとても不便に感じていました。

そんな不便を解決でき、尚且つ撮影〜確認のルーチンを最短ステップで行えるようなアプリがあったらなと考えたときに、既存のものでは良いものがなかったので作ってみました。

次の記事 「ウィジェットカメラのエクストラな機能」 も合わせてどうぞ。

Related posts